売(れる)と売(る)の違い


売れると売る

売(れる)と売(る)の違い

先日、フェイスブック広告で
「売れる商品を探す方法」
という広告を見て、気になった為
無料レポートをもらいました。
 

このレポートは物販に関する
情報でしたが、その中に、

・「売れる商品」
・「売る商品」

という言葉を見つけてなかなか
面白い視点だなと思いました。
 

確かに、世の中には、
「売れる商品」と「売る商品」
があると思います。
 

「売れる商品」とは、
売り込みをしなくても売れる商品です。
 

例えば、雨の日の駅中の売店で
売っている傘などがそうかなと
思います。
 

これらは、店員さんがわざわざ
売り込みをしなくても売れます。
 

傘の売り込みを見たことないですよね・・
 

「売れる商品」で多いのが、
目に見える「物」が多いです。
 

消費者は、「物」を見た瞬間
ベネフィットや使用しているイメージ
が浮かびやすいですからね。
 

一方、「売る商品」は、
目に見えないサービスが多いです。
 

我々士業の場合、コンサルティング
サービスや各種代行業等です。
 

これらは目に見えないので、「物」
のように、すぐにベネフィットや
使用しているイメージが湧きにくいです。
 

なので、イメージしてもらうように
こちらから働きかける必要があります。
 

我々士業の場合は、主に
セミナーや商談で働きかけます。
 

この行為こそが、営業活動
で重要なポイントになります。
 

セミナーや商談をやっているけど、
なかなか受注につながらない!

という場合、この行為がうまくいって
いない可能性があります。
 

ではどうやってベネフィットや
使用しているイメージをして
もらうのか?
 

1つは他社事例があります。
 

他社ではこのサービスを導入して
どのように変わったのかを説明すると、
自社での変化もイメージしやすいです。
 

資料があると、なお良いですね。
 

後は、例え話です。
難しい法律的なことなどを
ことわざやニュース、歴史等に
置き換えます。
 

よく使うのは、

・ゆでガエル
・豊臣秀吉の人たらし術
・気づかないがいつの間にか
侵食されているシロアリ

などなどです。
 

もしあなたが、セミナーや
商談がうまくいっていないなら、
 

この働きかけをしてみては
いかがでしょうか?
 

ご参考になれば幸いです。

百聞は一見にしかず!新規営業・価格競争で悩まれている士業の皆様へ 11ステップ 完全無料オンライン講座 売れる商品作りから商談、クロージング、紹介を得る方法まで 新規に顧客を獲得するフローに沿って具体的な考え方、やり方を解説しています。 詳しくはこちら

関連記事

RECOMMENDED ARTICLES攻める!士業に初めて訪れた方におすすめしたい記事

まずは読んでいただきたい5 つの記事をご紹介させていただきます。